帰省備忘録 2010夏編

| コメント(0) | トラックバック(0)
で、2ヶ月連続でエントリがないのを避けるために何を書くかと言うことだが、実に安易にお盆の渋滞状況の覚え書きなのである。

今年は貧乏だったのでギリギリまで帰省しようかどうしようか迷い続けていたのだ。が、夏休みに全くどこにも出掛けないというわけにも行かないだろうし、それなら帰省が一番安上がりではないかというわけで、高速をちんたら走って帰ったわけだ。

出発は8月13日(金)午前3時頃。4時までに高速に乗ったら半額、という値引きを知って、早朝出発。中央道経由で帰るが途中渋滞はほとんど無く、子供たちも夢の中で社内は超静か。一宮のあたりのほんの2-3kmの渋滞くらいでやりすごす。その後、子供たちが起きてきたので大津の手前で朝食休憩を取った後、中央道が混んできたので久々に西宮から阪神高速に乗った。2号線から生田川沿いに右折するところがいつものことながら混んでいるので、一つ手前で曲がる作戦に出て大失敗。何年か前にも同じことをやった気がするので、今度からは、大人しく右折レーンの列に並んでようと思った次第。

11時台に着いたので、所要時間は8時間強といったところだったかと。

復路は8月15日、高速1000円に惹かれて、日曜日のうちに高速に乗ってしまおうと画策。龍馬伝を見終わった頃からjarticのサイトにアクセスしては渋滞状況をチェック。渋滞が短くなってきたら出発しよう、と思っていたのだが、どう考えても時間が遅くなるに従って、渋滞が伸びている気配。

なんだかなぁ..と思いつつ23時頃出発。中央道の宝塚あたりでいきなり渋滞。その後、大山崎の手前あたりから、京滋バイパスと再合流するあたりまで、所々流れの良くなるところを挟みつつもほぼ渋滞。新名神に行こうかどうしようかと道路標示を見ると新名神の方が状況が悪そうなので、多少なりともましそうな名神に進む。

やはり、12時ギリギリに高速に乗ろうという人が殺到していたらしく、日付が変わってからは渋滞表示で「Xキロ渋滞」と予告されていたところに来てみると実際の渋滞がそれよりも短くなっている傾向が顕著になってくる。そんなこんなで、名古屋くらいまでは短い渋滞やノロノロ運転にしょっちゅう遭遇したものの、名古屋からは渋滞は一切無く順調に帰り着く。

名古屋まで4時間くらい掛かったものの、その後順調で結局7時台くらいに着いたんじゃなかったかなぁ..とやや記憶が曖昧。取りあえず、高速1000円をなめてはいかんという教訓を得て、今回の帰省は無事終了。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.galileo.co.jp/mt/webapps/mt-tb.cgi/3064

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.3

このブログ記事について

このページは、ueharaが2010年8月31日 22:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「娘が絵本を作ってくれました」です。

次のブログ記事は「10月になってしまった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。